エコ意識

青森県のエコ活動

青森県では「もったいない・あおもり県民運動」と言うエコ活動を行っているのである。
「もったいない・あおもり県民運動」とは、県民はもちろん、事業者やその他の団体、行政などが主体となり、もったいない意識を高く持ち、普段のライフスタイルを見直し、不用品、粗大ごみ、産業廃棄物、等の量を減らし、リサイクルに取り組んで行こうと言う運動の事を指すのである。
平成20年からスタートした県民運動の一つである。
平成23年には、地球温暖化対策として、あらゆる主体となっている団体の連携や、協働により、低炭素社会作りを目指す事にしているのだ。
青森県ではこうしたエコ活動が盛んに行われており、県民が一丸となって取り組んでいるのである。

「もったいない・あおもり県民運動」の目標

主に地球温暖化対策の推進、平成27年度までに、県民一人当たりのごみの排出量を980g以下に抑える、リサイクル出来るものは25パーセントまでリサイクル率を上げる、県民一人あたりの最終処分量を109g以下に抑えるなどがメインにあり、分かりやすく言えば、リサイクル率を上げ、ごみの排出を個人レベルで抑えようと言うものである。

青森県のエコ活動のまとめ

このように青森県では、エコ活動が盛んで、県民一人一人にエコ意識の向上を求めた運動を行っているのだ。
家庭から排出されるごみの量にも気を配り、再利用出来るものは徹底して再利用する事を意識しているとも言える。
このような取り組みが日本全国に広がる事により、地球温暖化対策の推進にも繋がると言える。