エコ活動について

青森県のリサイクルについて

青森県ではリサイクル製品の使用を推進する為に、資源の効率的な循環的利用や、産業廃棄物、粗大ごみ、不用品の減量化を推進し、リサイクル産業の育成を図る為に、「青森県リサイクル製品認定制度」を平成17年に作ったのである。
認定を受けた事業者には認定製品に認定マークを表示して販売する事が出来、青森県では、認定製品の性能や、品質、数量、価格等を考慮し、県全体で優先的に使用するよう努力しているのだ。
認定製品については、広く使用される事を推進する為に、県内のホームページや、パンフレット等で幅広く情報提供を行っていると言える。

認定事業者になるには

所定の申込書に添付書類を揃えて添付し、環境生活部環境政策課循環型社会推進グループに書類を提出する事から始まる。
申請自体には費用は掛からず、申請する製品の品質試験等に関する費用のみ自己負担となる。
申請期間は年二回で、春と秋に行われ、厳しい審査の末、認定されると前述したようなホームページやパンフレットで紹介されるようになる。

青森県のリサイクル事業に関するまとめ

青森県が主体となり、こうした事業を推進する事により、企業側でもエコを意識した製品作りをする事が出来るのである。
製品自体が良ければ、申請により認定される為、販売の促進や経済面にも影響する事から、良い循環を生み出す仕組みだと言える。
こうした取り組みが県民に浸透しきっていない事は否めないが、今後の動向に期待が寄せられているのである。